相談内容

相談内容(学生相談)

  • 1)就学・履修:履修の仕方がわからない、授業についていけないなど。
  • 2)留年・不登校:留年を繰り返して悩んでいる、大学に行けなくて困っているなど。
  • 3)進路・就職:自分の進路で迷っている、親と進路のことで意見が合わないなど。
  • 4)人間関係:友達が作れない、集団の中に入るのが苦手、異性の友達ができない、教師や家族との関係が悪いなど。
  • 5)自分の性格や行動:自分のことが嫌い、自信がない、人と顔を合わせたくないなど。
  • 6)心身の不調:体調が優れない、不安感が強い、過食や拒食に悩んでいるなど。
  • 7)セクハラ・アカハラ:講義中に聞くに堪えない卑猥な冗談や比喩を言う、指導の際にすべてを否定する言い方をされるなど。
  • 8) 悪質商法・ネットトラブルなど法律に関すること。

相談内容(職員相談)

  • 1)職場での悩み:職場内の人間関係に困難を感じる、労働条件・環境に不満がある、仕事があわないと思う、セクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメントなど。
  • 2)人間関係の悩み:人に溶け込めない、人から誤解されやすい、人前に出ると緊張する(赤面、震え、吃音)、家族や夫婦間の悩み、近所等でのトラブル、異性の友人ができないなど。
  • 3)個人的な悩み:気持ちが不安定、うつ状態、不安、無気力、パニック、怒りやすい、自信がない、悲観的に考えやすい、こだわりが強い、完璧主義、ストレス、不眠、性の悩みなど。
  • 4)その他:自分の適性がわからない、自分にあった将来や生き方を考えたい、不適応問題、異文化間のストレス、子育ての悩み、教育問題(いじめ、不登校、ひきこもり)、経済的な問題など。

相談内容(人権相談)

  • 1)セクシュアル・ハラスメント:スリーサイズを聞くなど身体的特徴を話題にする、性別による差別意識に基づいて「女には実験を任せられない」等と発言する、カラオケでデュエットを強要する、宴会の席上で上司の隣に座ることを強要する、勤務時間外に食事やデートにしつこく誘う、聞くに堪えない卑猥な冗談を交わす、性的な内容の電話やメールをする、身体を執拗に眺め回す、身体に不必要に接触する、交際や性的関係を強要するなど。
  • 2)アカデミック・ハラスメント:必要な教育的指導を正当な理由なく拒否する、研究テーマを強制して本人の自主性を認めない、学位や単位認定に関して不公平・不公正な対応をとる、進路に関して教育的配慮に欠けた妨害または干渉をする、常識的な教育指導の範囲を超えて厳しく叱責する、長期にわたり健康を害する可能性がある程の努力を強要する、必要な研究費及び出張旅費を配分しない等により研究の遂行を妨害する、研究発表・論文作成等を妨害する、私用でのただ働きの強要する、暴力的な言動や人格を傷つける言動を行うなど。
  • 3)パワー・ハラスメント:人格を傷つける言動を行う、「バカやろう。やめちまえ」等と怒鳴りつける、ミスをする度に叩くなどの身体的な暴力をふるう、特定の者を攻撃して周囲を萎縮させる、必要な指示やアドバイスをしない、業務に関して著しく不当で不公平な評価を行う、昇進や評価を左右する権限を持っていると必要以上に言う、長期にわたり健康を害する可能性のあるほどの努力を強要する、年休を取らせないなど。
  • 4)妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント
  • 5)その他:モラル・ハラスメント、LGBTハラスメント、同和問題など。
関連規則

 

最終更新日:2017年3月17日